読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しがない獣医girraffeの論文とダイエットとあと何か

読んだ論文の要約を紹介します。あと続かないダイエットの記録も(苦笑)

「経鼻栄養には間歇投与と持続投与どっちがよい?」

"Intermittent and continuous enteral nutrition in critically ill dogs: a prospective randomized trial."
J Vet Intern Med. 2010, 3:520-526

 

研究デザイン:2008-2009年の間にミシガン州立大学で経鼻カテーテルにより栄養療法を実施した54例

 

結果:栄養供給率は持続投与で98.4% (74.9-100)、間歇投与で100% (82.1-100.8)だった(P=0.083)
合併症は両群共に差は無し。
胃内容の残存量・嘔吐・逆流頻度も有意差なし。

 

考察:持続投与群のほうが供給率が低下したのは、シリンジポンプのエラーや散歩・面会・処置などによる一時的な停止が原因。
人でも投与方法によるトラブルは認められないので、犬でも同様な結果。
モニター時に誤嚥性肺炎のリスク因子を調べる必要がある。

 

私見:投与直後の嘔吐が見れる分、間歇投与の方がよいのかも。
後は疾患毎に発生リスクを調べる必要があるかな。